OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.06.28

新しい「結婚」様式は?高松市のホテルでブライダルフェア【香川・高松市】

新型コロナウイルスの感染対策を施した挙式や披露宴を提案するブライダルフェアが28日、高松市のホテルで開かれました。

(新郎新婦入場)             
「新郎新婦入場です」             

たくさんの参列者の中行われる結婚披露宴。参列者が囲むテーブルには様々な配慮がなされています。

(報告 大野樹)               
「1つの円卓に座る人数は通常は8人のところ4人。そして料理は重箱のような容器で提供され、食べていないときは蓋をするようになっている」     

このブライダルフェアは、結婚式を控えるカップルに、感染防止対策を施した挙式・披露宴を提案しようと企画されたものです。人と接触する機会を減らすため
受付の芳名帳も廃止され、参列者は名前を書いた紙をご祝儀と一緒に箱の中に入れるだけで入場できるといった工夫も施されています。

(今年12月に挙式予定の夫婦)
「人がいっぱい集まるのでゲストも不安があると思う。対策ができるということが分かって良かった」

(JRホテルクレメント高松宴会部 市川智久部長)
「通常のブライダルの形式を崩さない程度の安心安全。往来を少なくする料理の提案だったり、お客様の不安を取り除きたいと思い企画した」       

ホテルでは今年3月以降、結婚式の予定がほぼすべてキャンセルとなっていて、「新しい生活様式」に対応した結婚式で客足を取り戻したいとしています。

このページをシェア