OHK 8Ch

このページをシェア

テイクアウト限定のオープンカフェ 新型コロナ対策【岡山・岡山市】

旭川を臨む岡山市の公園にテイクアウト限定のオープンカフェがお目見えしました。外出自粛が解除されこれからの季節にぴったりの憩いの場となりそうです。青空の下、22日石山公園内に登場したオープンカフェ、「コエピッツァ岡山」です。

(森夏美アナ)
「ありがとうございます。今は新型コロナ対策でテイクアウト限定ですが、このように焼きたてのピザを手軽に持ち帰ることが出来るんです」

石窯で注文を受けてから焼き上げ作るピザは全部で7種類。こちらは4種類のチーズのピザに、瀬戸内産のレモンが入ったはちみつをかけてたっぷりかけて食べる贅沢な一品です。
(森夏美アナ)
「いただきます。チーズの濃厚さと瀬戸内のレモンを漬けたハチミツが絶妙にマッチしています。おいしいです」

スタッフ全員、マスクを着用するほか来店客に間隔をあけて並んでもらうなど感染防止策を講じて営業していて初日の22日は近所の人やカップルなど大勢の人が訪れました。
(お客さんは)
「ここを毎日通るが、いつオープンするのか楽しみにしていてとうとう買えるので嬉しい。きょうはおすすめのマルゲリータ」
「ここに、こういうのがあるとお城に行ったり、後楽園に行ったり商店街に行ったりできる。休めるし、本当にこういう店がほしかった」

カフェは市内の民間企業2社が2023年3月までの期間限定で運営します。中心部のにぎわい創出や回遊性向上を図る岡山市の事業の一環です。

(ストライプインターナショナルkoeライフスタイル本田英太郎スーパーバイザー)
「コロナでまちが暗くなっている雰囲気だが、僕らがオープンすることで少しでも明るいニュースになれば。石山公園に人を集められるよう頑張っていければと思う」

ピザは4分の1サイズとホールサイズで6月末を目途にテラスでの営業も検討するということです。

このページをシェア