奇才の防犯オタク・榎本径(大野智)が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)と共に難解な密室事件を解明していく、謎解きミステリードラマ。

 榎本は、会田愛一郎(中村獅童)を連れ、純子と芹沢を訪問。甥の大樹が自室で練炭による一酸化炭素中毒で死亡し自殺とされたが、会田は大樹が妹の美樹(福田麻由子)を残して死ぬとは思えないと話す。  大樹が死亡した日、会田は、兄妹の継父で中学校の科学教師・高澤(髙嶋政宏)からの連絡で高澤家に来た。大樹の部屋の前で美樹がドアを叩くも反応なし。高澤が電動ドリルでドアノブの上に穴を開け、そこから会田が工具を差し入れ、ついに開錠。だが、ドアには隙間を埋めるように内側からビニールテープが貼られ、ドアを開ける際、ベリベリとテープがはがれる音がし、同時に紙テープの切れ端が舞い上がったという。壁には紙テープでつづられた「サヨナラ」という文字があり、ベッドでは大樹が死亡していた。  3年前に母親を亡くした兄妹は高澤に育てられたが、多額の遺産を受け継ぐため高澤に殺されたのでは、と会田は疑っていた。  榎本は、純子と芹沢にドアと窓に貼られていたのが、ガムテープではなくビニールテープだったことが気にかかると明かした。仮に高澤が犯人だとして、施錠された窓やドアの内側からどうやってテープを貼ったのか?榎本はそこに科学を駆使した仕掛けがあるはずだと思い…。