ヨーロッパでの過酷なミッションをやり遂げた凄腕のドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と仲間たち。すべての罪は帳消しとなり、帰国を許された彼らはロサンゼルスで自由に暮らせるはずだったが、彼らの平和な時間は新たな敵の出現によって打ち砕かれる。ある日、ドミニクの携帯電話が鳴った。電話の主は、謎の男――“すぐに俺を知るようになる”というメッセージの直後、届いたばかりの荷物は大爆発を起こし、ドミニクらのスイートホームは破壊される。謎の男の正体はデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。ヨーロッパで彼らが逮捕した凶悪犯オーウェン・ショウの兄にして、伝説的な元英国特殊部隊員。イギリス最強の殺し屋は、弟を廃人にしたドミニクたちへの復讐(ふくしゅう)に燃えていた。かくして、ドミニクと仲間たちは、またしても戦いの中に飛び込んでゆく。