OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.10.27

コロナ禍の初の衆院選 注目の選挙区「県都決戦 岡山1区 3つ巴の戦い」【岡山県】

10月31日に投票が迫った衆議院議員選挙、注目の選挙区を紹介します。

県都決戦となる岡山1区、12回目の当選を目指す前職に新人2人が挑みます。

岡山1区に立候補しているのは、届け出順に、自民党の前職、逢沢一郎さん、共産党新人の余江雪央さん、立憲民主党新人の原田謙介さんの3人です。

(逢沢一郎候補<自民・前>)
「私は使命感責任感をもって、この選挙戦に挑み、必ず勝利する。必ず勝つ強い気持ちで戦い臨む」

自民党の前職、逢沢一郎さんは、12回目の当選を目指します。連立政権を組む公明党の推薦のほか、県議や市議などをフル動員した大型選対で組織選挙を展開します。

超短期決戦に加え、初となるコロナ禍での選挙。個人演説会などの集会を減らし、街頭中心の演説に切り替えました。

また、自民党の選挙制度調査会長として、18歳選挙権やSNSを使った選挙活動の実現など、選挙制度の改革を行った経験から、若い世代への支持拡大のため、政策を動画配信するなどの新たな取り組みも始めました。

(逢沢一郎候補<自民・前>)
「日本も世界も大変なピンチの状況にある。新しい安定、新しい平和や繁栄、ポストコロナをにらんで2050年二酸化炭素ゼロにする壮大なチャレンジを世界中で取り組む。そのトップランナーに日本があるということを実現したい」

先行きが不透明な今だからこそ「自公政権の継続を」と訴えます。

(逢沢一郎候補<自民・前>)
「国民の今と未来のために答えが出せる、結果が出せる政治でなければならない」

(余江雪央候補<共産・新>)
「この選挙待ちに待っていた。私がこれまで聞いてきた多くの有権者の皆さんの声、国民の皆さんの声をしっかり国会へ届ける。そのために全力を挙げて頑張る」

共産党の新人、余江雪央さんは、国政選挙初挑戦です。4年前の衆院選では、岡山1区での出馬を表明しましたが、立憲民主党の候補に1本化するために出馬を取りやめました。

岡山市内で開かれた決起集会。訴えるのは、最低賃金の引き上げや消費税の引き下げ、大企業の優遇税制の撤廃などで、社会的に弱い立場の人や若者が、未来に希望を持てる社会の実現を掲げています。

選挙戦は街頭演説が中心、1日約20カ所で訴えを続けています。有権者の自宅などに直接、訪問することができないため、SNSで支持の拡大を図ります。

(余江雪央候補<共産・新)>)
「国民の命と暮らしを守る政治に転換する。医療や介護、保育、ケア労働といわれるところをしっかり支えていく。命を守るとりでを支えることがコロナに強い社会にすることになる」

自らも非正規雇用で働いた経験から日本の未来を変えたいと訴えます。

(余江雪央候補<共産・新>)
「多くの若者を希望の持てない状態にしてきた。雇用破壊を進めてきた自民党政治を変えていく」

(原田謙介候補<立憲・新>)
「地元岡山から、一部の人のためでなく、皆さんの生活の豊かさにつながる政治を作っていく。未来のための挑戦、その原田謙介の挑戦に力を貸して下さい」

立憲民主党の新人、原田謙介さんは、2019年の参院選に続き、2回目の国政選挙挑戦です。

今回の選挙でも、選挙区をこまめに回り、地域の声に耳を傾けます。

もともと、若者と政治をつなぐ活動を行っていた原田さん、事務所のスタッフも20代や30代が多く、若い世代が積極的に政治参加することで、政権交代を果たしたいと訴えています。

政策も児童手当の高校までの延長や、子育て相談窓口の拡充、子供を産む前と産んだ後の母親のケアなど、若者や子育て世代を対象にしたものに力を入れています。

(原田謙介候補<立憲・新)>)
「声を聞いていく中で政治を変えていきたい。教育子育て、次の世代の育ちを支えることに対して、あまりにも国が予算をかけていない。この問題は大きいので、まずはしっかり予算をかけていく。そして、制度もしっかり整えていくことで、次の世代の育ちと社会全体の未来を支えていきたい」

若い世代に政治に関心を持ってもらうことで、政治を変えていこうと訴えます。

(原田謙介候補<立憲・新)>)
「社会を作ってきてくれた皆さんが、どんどん生活の不安が増えている状況は、あまりにもおかしい」
3つ巴の戦いとなった県都決戦、「岡山1区」自公政権の継続を訴える前職か刷新を訴える新人か、衆議院選挙の投票は10月31日です。
土竜の唄FINALプレゼントキャペーン
moguranouta