OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.10.08

衆院選“日程前倒し” 市長選も抱える玉野市は2つの選挙準備でドタバタ【岡山・玉野市】

衆院選の日程が当初の想定より早くなり、岡山・香川の選挙管理委員会も対応に追われています。

特に、10月17日に市長選を控える玉野市では、市長選と衆院選、2つの選挙への準備が並行して進められています。

(中島悠希記者)
「いよいよ来週末に迫った玉野市長選。その2週間後には、衆院選も予定されている」

(玉野市選管事務局 三ノ上 創次長)
「ここが期日前投票所。今度の月曜日から市長選挙の期日前投票が始まる。市長選挙が終わったら、配置を変えて、引き続き衆院選の期日前投票所として使う」

玉野市の選挙管理委員会では、10月予定されている2つの選挙に向けて準備の真っ只中です。

衆院選の日程が、当初の想定より1週間前倒しになったこともあり、短期間での対応を迫られています。

4年前には、市長選と衆院選が同じ日になり、ダブル選挙となった玉野市。投票箱も足りず、スタッフも足りずと、準備から当日まで終始ドタバタでした。

2021年は、前回のダブル選ほどではないものの、苦労しているのが開票所の手配です。

(玉野市選管事務局 三ノ上 創次長)
「こちらが今検討中の会場の配置。職員同士の間隔を空けながら配置ができるかどうかを検討している」

市長選で使ういつもの会場は空いておらず、今回初めて市内の高校での開票を想定しています。

しかし、会場の広さはいつもの半分以下。新型コロナ対策が十分にとれなければ、会場の再調整も必要になってきます。

(玉野市選管事務局 三ノ上 創次長)
「色々短い間ですることが多いが、選挙なので間違いがないように確実に進めていく」

市の舵取り役と、国民の代表を決める大事な選挙。市選管では、衆議院の解散を待って、公示日までに投票所の入場券発送を目指すなど、速やかに準備を進めたいとしています。