OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.09.12

早くも準備 香川選挙管理委員会 衆議院議員選挙投票用紙の印刷【香川・高松市】

衆議院議員選挙に向けて香川県選挙管理委員会は、9月12日、高松市内で、投票用紙を印刷しました。

選挙の日程が決まらない中、本格的な準備が始まりました。

香川県選管は高松市の印刷会社で有権者約81万3000人分の投票用紙を印刷しました。

投票用紙は小選挙区が水色、比例代表がピンクとなっていて、開票しやすいよう折り曲げても元に戻りやすい紙を使っています。

衆議院議員の任期が10月21日に迫っていますが、自民党総裁選の動きもあり、選挙の日程はまだ決まっていません。

前回は戦後2番目に低い投票率だったことから、香川県選管では早めに準備を行い、投票率アップを目指してPRを強化します。

(香川県選挙管理委員会 小瀧賢士書記長)
「従来のような広報が新型コロナで難しい状況だがインターネットを活用して県民に周知したい。」

投票用紙は9月13日までに、県内のすべての市と町に向けて発送されます。
shuinsen01