OHK

情報セキュリティ

情報セキュリティ基本方針

岡山放送株式会社及びグループ各社※1(以下合わせて「当社」といいます)で取り扱う情報には、放送関連データやコンテンツの権利情報のみならず視聴者の個人情報、経営上重要な情報等、社外に漏洩・改ざん等した場合には極めて重大な結果を招く情報が数多く含まれています。

したがって、これらの情報及び情報を取り扱うネットワーク及び情報システムを様々な脅威から防御することは、健全な放送や視聴者のプライバシー保護のために必要不可欠であり、ひいては、このことが当社の社会的信頼の向上に寄与するものであると重く受け止めています。

そのため、当社の情報資産の機密性、完全性及び可用性を維持するための対策(情報セキュリティ対策)を整備することを目的として、岡山放送情報セキュリティ基本方針を定めます。

  1. 当社が所掌する情報資産に関する業務に携わる全ての社員等及び外部委託者は、情報セキュリティの重要性について共通の認識をもつとともに、業務の遂行にあたって情報セキュリティポリシーを遵守します。
  2. 当社の情報資産について、役員が率先して情報セキュリティ対策を推進・管理するための体制を確立します。
  3. 情報資産の重要度に応じた情報セキュリティ対策を行うために、情報資産をその内容に応じて分類します。
  4. さまざまな脅威から情報資産を保護するために、物理的・人的・技術的情報セキュリティ対策を講じます。
  5. 情報セキュリティポリシーを遵守した業務を行うため、更には社員等のセキュリティ意識の向上を図るため、全社員等に対してセキュリティ教育を行います。
  6. 情報セキュリティポリシーが遵守されていることを検証するため、定期的に監査を実施します。
  7. 情報セキュリティ監査の結果等により、情報セキュリティポリシーに定める事項及び情報セキュリティ対策の評価を実施するとともに、情報セキュリティを取り巻く状況の変化に対応するために、情報セキュリティポリシーの見直し及び運用の改善を実施します。

岡山放送株式会社
代表取締役社長 中静 敬一郎

※1 グループ各社とは、株式会社OHKエンタープライズ、財団法人OHKスポーツ振興財団、財団法人OHKスポーツ振興財団香川を示します。
ページTOPへ