OHK

OH!くんワールド MENU

シングルコレクション

過去販売していた商品です。現在は販売しておりません。

■OH!くん1stシングル「OH!体操」

2003.8.9 Release

  • 曲リスト
    • 01.OH! 体操
    • 02.空はくるくる
    • 03.おやすみ
  • OH!解説
    • ●OH! 体操

      すべてのはじまりです。分かりやすく、楽しく、ゆるい。この曲の登場によって、前年にデビューしたOH!くんの世界観は確立されたと言っても過言ではありません。

      ピアノのイントロが流れはじめた瞬間、OH!くんの体に電流が走り、「O・H・K」と体を動かさざるをえない強力なメロディ。あなたも知らず知らずのうちに体が動きはじ めたら、OH!くんのOH!友だちです。

      「OH!」の響きを残し、おぼえやすいリズムをつくるために、頭韻で揃えた歌詞にしています(一節の頭が「お」の響きになるように。例/「お」しりふりふり「お」どって る)。ささやかなこだわりです。

    • ●空はくるくる

      天気予報のBGMなのに「♪天気予報は外れたけど〜」と歌ってしまった大胆不敵なうたです。その大らかさがOH!くんらしいとも言えます。

      ご存知の方も多いと思いますが、メロディは「OH!体操」です。当初の予定では「OH!体操」だけの制作でしたが、CD制作に際して、せっかくなので別の歌詞、別のアレンジ にして「空はくるくる」をつくってみました。あの時の思いつきがなければ、OHKの天気予報で「♪天気予報は外れたけど〜」と歌われることはなかったでしょう。

      OHKの社名がガッツリと入った「OH!体操」とは違い、ほのかに恋愛描写のある一般性のある曲のため、より幅広い層に長く愛していただける財産になったと思っています。

    • ●おやすみ

      テレビを見ている女性、そのテレビの中にはOH!くんがいるイメージで構成しています。 なかなか寝付けない方には子守唄としてもおすすめです。

      CDに収録する曲が「OH!体操」「空はくるくる」だけだと、同じメロディになってしまう。よし、制作者の引き出しの多さを見せつけてやるぜ、ということで、追加の一曲「お やすみ」もつくることに。これ以降、CD制作の際には追加の曲をつくるようにしてきましたが、制作側としては自分の首をしめる結果にもなったことを告白させていただきます (いや、曲がつくれたのは楽しかったです)。

■OH!くん2ndシングル「はじまりの坂道」

2004.8.28 Release

  • 曲リスト
    • 01.はじまりの坂道
    • 02.空はくるくる カルテットバージョン
    • 03.ちいさな絵本
  • OH!解説
    • ●はじまりの坂道

      OH!くんデビュー3年目。この年は「OH!援団キャンペーン」と題して、がんばっているみなさんを応援する展開を考えていました。そこでそのテーマソングとしてつくったのが「はじまりの坂道」です。 世の中に「がんばれソング」は多いのですが、この曲はあからさまに「がんばれ」と伝える方向は目指しませんでした。テーマを「青春」として、風景が思い浮かぶような歌詞をつくり、「名曲をつくってください」と曲を発注しました。この曲からボーカリストが森川アキコにチェンジ。遠い縁をたよりに、なんとか森川の「声」に参加してもらうことができた経緯は、制作者にとっても「♪深い闇を切り裂いて 目覚めたての朝の中 たどりついた場所にきっと 君が待ってる」でした。

      歌詞の中に一箇所、ネコが出てきます。これ以降、ワンポイントでネコを出すことがお約束にもなりました(すべての曲ではありませんが)。

      ケダマの曲は制作過程において、何段階かのダメ出しを行うことがあります。現在では多くの方に好感を持って受け入れてもらっている「はじまりの坂道」も、最初にラフの音源が届いたとき、「これはないな」と思ってボツにしていました。それは大いなる過ちでしたが……。

    • ●空はくるくる カルテットバージョン

      ボーカリストの変更にともない、新たにアレンジ、録音しました。当初は「アカペラバージョン」と言っていましたが、なんとなく「カルテットバージョン」の響きが気に入ってタイトルに。今だに「カルテットバージョン」の本来の意味は分かっていません。

      基本的には森川の声ですが、途中に入る「ボンボンボン」のコーラスはツキダが担当しています。

    • ●ちいさな絵本

      かつて作曲のツキダが参加していたバンド「レイモンズ」に未発表の曲がありました。その曲がどうにもこうにも耳について離れず、「はじまりの坂道」のCDにカップリングとして、別の歌詞、別のアレンジで採用したのが「ちいさな絵本」です。

      もともとは「高らかに恋をうたいあげるラブソング」だったのですが、作詞担当・石田の判断で絵本をテーマとすることに。当時、石田が「OH!くんの絵本シリーズ」の制作にも関わっていたため、建前上は「その絵本のイメージソングがあればいいですよね〜」ということで周囲に納得してもらっていました。絵本を通して、肉親との別れ、残された者たちの次のステップを描いたつもりです。

      OH!くんのアニメ「OH!くんのOH!きな世界」のエンディングで使用しました。先行して完成していたこの曲を下敷きとして、アニメ終盤の展開を組み立てています。

■OH!くん3rdシングル「おおきな世界」

2005.9.16 Release

  • 曲リスト
    • 01.おおきな世界
    • 02.いつもえがお
    • 03.夢見るおじいちゃん
  • OH!解説
    • ●おおきな世界

      OH!くんデビュー4年目に「おおきな世界へ飛び出そう」というテーマを設けました。
      そのテーマソングとして、明るく元気になれる曲がほしいと思いました。

      おおきな世界とは、地球上の世界のことだけではありません。自分の周囲に生まれる世界。例えば、悩んだりいじめられている人に、君の世界はいま見えている世界だけじゃなくて、もっと別の場所があるんだよ。姿勢を変えて目を転じれば、おおきな世界が広がっているんだよ。と言ってあげられる歌になればと……。ちょっと大上段に構えてしまいましたが、おそらく歌そのものはそんな裏テーマは微塵も感じさせないハッピーチューンに仕上がっています。

      実はこの曲、「OH!体操」と同じ時期に原型ができていました。「OH!体操」を企画したときに、別メロディの曲として競っていた曲なのです。テンポも歌詞も違いましたが、やはりこの曲の強さが忘れられず、「おおきな世界」として復活させたわけです。「♪ゴーゴーレツゴー」な気分で突っ走ってよかったです。

    • ●いつもえがお

      これまでの楽曲はすべて作曲がツキダでした。ボーカルの森川も作曲ができることもあり、「おおきな世界」のカップリングに書き下ろしてもらったのがこの曲です。森川のやさしいメロディと言葉のチョイス。最初に届いたときから完成されていました。ファンの方から「結婚式に使いました」という報告を受けて、メンバーで感激したことがあります。

      間奏に出てくる「フォワワ〜ン」という不思議な音色は、テルミンという電子楽器です。
      この曲のゆったりしたイメージ、おだやかさに似合っていますね。

    • ●夢見るおじいちゃん

      OH!くんをデビュー当時から見守ってきたおじいちゃん。ごく一部で独特な人気を獲得しているこのキャラクターにテーマソングをつくってあげました。
      宇宙に飛んでいくロケットをモチーフとしています。OH!くんのアニメをご覧になられた方にはその意味がお分かりになるでしょう。

      曲はテクノポップで、年齢を超越したおじいちゃんの快活さを表現しています。おじいちゃん曰く、「ん〜、むかし某局から発信された名曲で、『コンピューターおばあちゃん』ゆうのがあったじゃろう。あれがひそかにライバルなんじゃ。ライバルを定めとったら、人生にハリが出てくるからのう。さらにそれを上まわる名曲に育てていくのも、わしの夢のひとつなんじゃ」

ページTOPへ