2018年 2月 20日
岡山県内の落とし物過去最多25万点
△▽
去年1年間に岡山県内の警察署に届けられた落とし物の数が過去最多となったことが岡山県警のまとめで分かりました。岡山県警によりますと去年1年間に警察本部と県内22警察署に届けられた落とし物の数は約25万点で、統計を取り始めた1973年以降、最も多くなりました。内訳はキャッシュカードやクレジットカードなどカード類が3万3896枚と最も多く、次いでタオル・ハンカチなどの生活用品となっています。また、現金の落とし物は100万円以上が4件あり、そのうち2件はまだ落とし主が見つかっていないということです。落とし物の件数が過去最多となったことについて岡山県警は「法令遵守の意識が高まり、届け出る人が増えたのでは」と分析しています。一方、動物はイヌやネコのほか去年2月に岡山市北区の路上でペットとして飼われていたトカゲが保護されるなど223点が拾われて届けられています。警察は落とし物に関する情報を県警ホームページで公開していて、落とし物をした場合は速やかに警察に届け出てほしいとしています。