笠岡諸島「日本遺産認定」記念 伊東潤『潮待ちの宿』出版記念『伊東潤・文化講演会』

2019年12月1日(日) 笠岡グランドホテルにて開催

2019年5月「笠岡市」と香川県の丸亀市、小豆島町、土庄町で共同申請していた「知ってる!?悠久の時が流れる石の島〜海を超え、日本の礎を築いたせとうち備讃諸島〜」が、「日本遺産」に認定されました。これは、近代城郭の代表である大阪城の石垣や我が国の近代化の象徴・日本銀行本店の西洋建築など、日本のランドマークといえる建造物に使われている石を送り出した島々の、歴史や文化が認められたものです。また、2016年より伊東潤氏が執筆中だった、幕末から明治の「笠岡市」を舞台にした時代小説「潮待ちの宿」が、2019年10月25日に上梓されました。この6編の連作短編は、笠岡の名所や風土を盛り込みながら、港近くの旅館で働く少女を描いたものです。
この2つの素晴らしい出来事を記念し、小説執筆のため作家の目で笠岡の歴史や文化、風土などについて取材した伊東潤氏による「文化講演会」を実施いたします。

参加費/無料(先着100名様)

応募締切11月24日(日)

※ご応募内容は、下記の用紙をダウンロードをしご覧ください。

日時:令和元年12月1日 14時(受付開始)15時講演
場所:笠岡グランドホテル
後援:笠岡市観光連盟
企画協力:OHKエンタープライズ

伊東潤プロフィール

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。日本アイビーエム株式会社を経た後、外資系企業のマネジメントを歴任。2003年にコンサルタントに転じて2006年に株式会社クエーサー・マネジメントを設立。2007年、『武田家滅亡』(角川書店)でメジャー・デビュー。2010年に専業作家となって今に至る。

応募用紙のダウンロード