OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.03.06

和菓子でコロナ禍を乗り越えよう…「いちご大福展」が岡山市内のデパートで開催【岡山・岡山市】

和菓子でコロナ禍を乗り越えようと、岡山県内の和菓子店による『いちご大福展』が岡山市北区のデパートで開催されました。

それぞれお店自慢のいちご大福、8種類が並びます。

コロナ禍で各店の売り上げが落ち込む中、岡山県内の8つの和菓子店が商品を持ち寄り、おいしさと笑顔を消費者に届けようと初めて開催しました。

こちらは、浦志満本舗のいちご大福。大粒で糖度が高い博多あまおうの苺を主役にするため、あんことおもちを極限まで薄くしています。

(買い物客は)
「全制覇しました?」
「はい全部取りました。楽しいですね。家に帰って食べるのも明るい感じがする。」
「かわいいし、色が明るいから春が来たなと思って楽しみ。楽しいことが少ないからうれしい。」

(岡山県菓子工業組合青年部副部長 鈴木祥成さん)
「みなさん(新型コロナで)つらい思いをしていると思うので、美味しいお菓子を食べて元気になってもらいたい。」

会場にはオープン前から多くの人が列を作り、販売開始から約2時間で完売したということです。

このいちご大福展は、3月7日も天満屋岡山店で開催されますが、売り切れ次第終了ということです。