OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.03.03

岡山県北の衆楽園で早春の風物詩「こも焼き」【岡山・津山市】

津山市の衆楽園で早春の風物詩、マツのこも焼きが行われました。

マツのこも焼きは、冬の間、幹に巻いていた「こも」を外し、冬ごもりをしていた虫を「こも」ごと燃やす昔ながらの害虫駆除の方法で、衆楽園のこの時期の風物詩となっています。

園内には約80本のマツがあり、津山市観光協会の職員が幹から外した「こも」に火をつけると勢いよく炎と煙が上がりました。

(訪れた人は)
「春が近づいた。」
「初めてなので楽しみに来た。春の風情でよかった。」

こも焼きが終わると岡山県北は日ごとに春めき園内は、3月末になるとサクラが咲き始めます。