OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.03.01

医療従事者等向け優先接種 県内18の医療機関にワクチン配分 今週にも接種開始【岡山】

まもなく始まる医療従事者などが対象のワクチンの優先接種について、岡山県は、1日、最初に届くワクチン18箱の配布先を発表しました。

重点医療機関に優先配分し、今週中にも接種が始まる予定です。

最初のワクチンの配分先は、岡山市の岡山大学病院、倉敷市の倉敷中央病院、津山市の津山中央病院など、18の医療機関です。

このうちご覧の9つの医療機関に今週中、残りの9つの医療機関には来週中に1箱で975回分のワクチンが届く予定です。

18の医療機関は、ワクチンを超低温で保管できるディープフリーザーをすでに設置していて、この医療機関での接種や、ここから新型コロナの患者を受け入れる重点医療機関などにもワクチンを配分します。

(岡山県保健福祉部 根石憲司福祉政策企画監)
「(対象者)8万人中1万7550人しか打てないので、一番コロナ患者に接する可能性が高くて、一番重要な医療従事者から打ってもらう」

3月22日の週には第2弾となるワクチンが届く予定で、4月に始まる高齢者向けのワクチンは4月5日以降22箱が届くことが決まっています。