OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.02.26

緊急事態宣言解除に期待 岡山県北の「いで湯のまち」【岡山・真庭市】

緊急事態宣言の関西など、6つの府県での先行解除がまもなく政府の対策本部で正式に決まります。

関西からの客が多い真庭市の湯原温泉では、春の観光シーズンを前に期待の声が聞かれました。

露天風呂番付で西の横綱に選ばれている砂湯も、利用者がまばらな日々が続いています。

真庭市の湯原温泉です。

温泉街とその周辺には16の宿泊施設がありますが、緊急事態宣言を受けて3軒が臨時休業しているほか、平日のみの営業としているところもあります。

(湯原温泉輝乃湯 山根一行支配人)
「関西からの客が多く、自粛が強く出ている」

湯原町旅館協同組合によりますと、1月の宿泊客は2020年の約3割。

地元の酒店も、需要の減少で売り上げが下がっていると言います。

(酒店の店主)
「地元の人も飲みに出ず、ダブルの影響」

例年なら春の観光シーズンで客が増えるのは3月後半で、それに先立った緊急事態宣言の解除に期待を寄せています。

(湯原町旅館協同組合 高橋忠孝代表理事)
「宣言解除で旅行が選択肢に入るのでは。春に向けて期待している」

長引くコロナ禍に厳しい状況が続く、いで湯のまち。

湯原町旅館協同組合は、感染防止対策を徹底して観光客を迎えたいとしています。