OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.22

組事務所の使用や集会を禁止 倉敷市が「警戒区域」に追加【岡山・倉敷市】

岡山県公安委員会は1月22日、特定抗争指定暴力団の活動を厳しく制限する「警戒区域」に倉敷市を追加しました。12月、倉敷市で起きた発砲事件を受けた対応です。

県公安委員会は2020年7月、山口組と神戸山口組を特定抗争指定暴力団に指定し、岡山市を警戒区域にしていましたが、22日から倉敷市を追加しました。22日は県警の捜査員らが倉敷市児島味野の神戸山口組傘下、藤健興業など倉敷市内4つの組事務所に標章を貼り付けました。

今回の追加は12月3日に藤健興業の事務所で山口組系の組員が発砲事件が起こしたことを受けた対応です。警戒区域内では組事務所を使うことや組員が大体5人以上で集まることが禁止され、違反した場合は逮捕することができます。

期間は2021年4月6日までですが延長することができます。


このページをシェア