OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2021.01.15

コロナ禍で初の実施へ 大学入学共通テスト準備進む【岡山・香川】

大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テストが、1月16日から初めて行われます。会場の一つ、岡山市の岡山大学ではコロナ禍の中、前例の無い準備が進んでいます。

岡山市北区の岡山大学津島キャンパスには、試験会場や雰囲気を確かめようと、多くの受験生が下見に訪れていました。

(受験生は)
「初めてなので、予想問題のような問題が出るか分からないので、不安」
「なるようにしかならない リラックスしてやりたい」
「自分の本当の実力がだせたらいい」


大学入学共通テストは、2021年から始まるものでこれまでよりも思考力や判断力を問う問題が出題されます。学内にはマスクの着用や消毒を呼びかける張り紙がはられるなど感染予防対策が徹底され、職員たちは、机に受験番号をはったり、黒板に時間割や注意事項を書くなど準備を進めていました。

大学入学共通テストは16日から2日間の日程で行われ、岡山県では約7900人香川県では約4500人が挑みます。体調不良などで受験できなくなった受験生には、30日から第2日程が用意されていて、大学では、無理をせず申し出てほしいとしています。

このページをシェア