OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.10.22

赤ちゃんを用水路投げ込み殺害した疑い…35歳の母親送検【岡山・岡山市】

産んだばかりの赤ちゃんを用水路に投げ込み殺害したとして殺人の疑いで警察に逮捕された岡山市の35歳の母親が10月22日、岡山地方検察庁に身柄を送られました。

送検されたのは、岡山市に住むアルバイト店員の35歳の母親です。

警察の調べによりますと、母親は10月20日、午後9時頃、岡山市北区奥田本町の公園で、赤ちゃんを出産した後、近くの用水路に殺意を持って投げ込み殺害した疑いです。

赤ちゃんは、身長約50センチの女の子で搬送時には脈がありましたが搬送先の病院で死亡が確認されました。警察が公園に残っていた血痕をたどるなどして母親を特定したもので、取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

母親は、内縁の夫と小学生や幼稚園児の子供と一緒に住んでいて、家を出る際には「買い物に行く」と説明していました。妊娠について内縁の夫には知らせていなかったということで、警察が犯行の動機などを詳しく調べています。


このページをシェア