OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加

2020.08.11

複合柵の設置やエアガンを撃つ実習…ブドウ農家対象のサル被害防止対策研修会【岡山・真庭市】 

サルによる農作物被害を防ごうとブドウ農家を対象とした研修会が真庭市で開かれました。

研修会はサルの生態や防止対策を学び被害の防止につなげてもらおうと岡山県が開いたもので真庭地域のブドウ農家やJAなど農業関係者およそ40人が参加しました。
研修では野生鳥獣対策連携センターの阿部豪さんが有効性が高いという金網フェンスと電気柵を合わせた複合柵の設置について説明したほか追い払うための道具を紹介しエアガンを撃つ実習も行われました。

県によりますと野生鳥獣による農作物への被害総額は美作県民局管内10の市町村でここ数年、年間1億円を超えているということです。

このページをシェア