OHK 8Ch

  
  • LINE友だち追加
このページをシェア

100ミリ超える雨で住宅崩れ捜索…気象台は土砂災害に注意を呼びかけ【岡山・倉敷市】

岡山、香川では降り始めからの降水量が各地で100ミリを超える雨となりました。倉敷市では住宅が崩れ中に人がいる可能性があるとして捜索が行われています。

7月8日、午前8時半頃、倉敷市玉島陶で2階建ての住宅が崩れたと消防に通報がありました。倉敷市消防局によりますとこの家の73歳の男性と連絡がとれておらず崩れた住宅の中にいる可能性があるとして捜索が行われています。

降り始めからの降水量は各地で100ミリを超え倉敷市でも116ミリの雨が観測されていました。この雨を受け倉敷市は7月8日未明に約48万1700人を対象に避難勧告を出し市内33カ所に避難所を設けました。

避難所では市の職員らがフェイスシールドを付け飛沫防止シートの設置や避難した住民の手の消毒や体温測定など感染防止対策を徹底していました。

(倉敷市生涯学習課 石貫能和主査)
「感染予防や住民の健康に気を付けている」

現在、雨のピークは過ぎ岡山・香川の警報はすべて解除されましたが雨で地盤が緩んでいるとして気象台は土砂災害に注意を呼び掛けています。

このページをシェア