OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.06.22

国内で“初確認” 新変異ウイルス「BA.4」 注意点を専門家に聞く【岡山】

BA.4の確認は空港の検疫以外では国内で初めてです。岡山県は、新型コロナウイルスオミクロン株の新たな変異ウイルス、BA.4とBA.5が確認されたと発表しました。

岡山県で初めて感染が確認されたのは、BA.4とBA.5と呼ばれるオミクロン株の変異ウイルス、それぞれ1例です。

岡山県によりますと、6月中旬に発症した患者2人で、ともに、症状は軽症。2人とも海外滞在歴があり、不特定多数との接触はないということです。

県の環境保健センターでゲノム解析を行い、6月22日判明しました。

BA.4の確認は、空港の検疫以外では国内で初めてです。

この2人の感染経路は分かっていませんが、岡山県は、県内の市中感染とは考えていないとしています。

変異ウイルスBA.4とBA.5はどんなものなのでしょうか。感染症に詳しい専門家に聞きました。

(関西福祉大学 勝田吉彰教授)
「オミクロン株のマイナーチェンジ版だと思えばいい。当初、様子が分からなかった時には 非常に不安なものだったが、どうもそこまで強力に恐れなくてはいけないものではなさそうだと後から分かってきた」

勝田教授によると、これまでのオミクロン株の特徴とほぼ同じで、南アフリカで確認されて以降、海外での置き換わりはなだらかだということです。ただ、注意が必要なのは…。

(関西福祉大学 勝田吉彰教授)
「これまで1回新型コロナにかかったから、大丈夫とは決して思わないでほしい。1度感染してできた免疫は不ぞろい。再感染、再再感染もあるので、ぜひ予防はきちんとしてほしい。BA.4・BA.5感染のニュースは、これからも他の都道府県も含めて出てくるはず、しかしながら、大幅な増加になるかというと、そうではない。デルタからオミクロンに変わった時のような、天井を突き抜けるような増加にはならない」