OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.06.04

栗林公園で137種類・3750株のハナショウブが見頃 初夏の新緑に“彩”添える【香川・高松市】

国の特別名勝、高松市の栗林公園でハナショウブが見頃を迎えています。

初夏のさわやかな日差しの中、白や紫のハナショウブが新緑に彩を添えています。栗林公園の一角には東京の明治神宮から花を譲り受けて作られた花しょうぶ園があり、137種類、3750株の花が見頃を迎えています。

6月4日の高松市は高気圧に覆われてすっきりと晴れ、日中は汗ばむ陽気となりました。

訪れた人たちは園内を散策しながら優雅に咲き誇るハナショウブを鑑賞したり写真に収めたりしていました。

また、6月4日と5日は「花しょうぶまつり」として園内の売店で割引などのおもてなしが行われています。ハナショウブの見頃は6月下旬までですが、梅雨に入れば一層鮮やかに見えるということです。