OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.05.19

海や川で遊ぶときは子供から目を離さないで! 3年ぶりの水難救助訓練【岡山・岡山市】

水の事故が増える時期を前に、岡山市消防局は、5月19日、水難事故に対応した救助訓練を行いました。

新型コロナの影響で3年ぶりの訓練です。

訓練は、岡山市消防局の若手職員41人が対象で、5月19日はこのうち24人が参加しました。

訓練では、服を着たまま泳ぐことの大変さを身をもって体験したり、ライフジャケットを付けて、体力を温存しながら泳いだりしました。

そして、要救助者に対して、ロープを投げて声をかけながら救助する手順を確認しました。

新型コロナの影響で2年間実施できず、3年ぶりの訓練となりました。

(参加者は…)
「水着で泳ぐのと、活動服などを着て 泳ぐのは全然違う」
「服を着たまま飛び込んで助けに行くのは、とても危険なことだと感じた」
「要救助者の気持ちになることができ、とても貴重な訓練になった」
「今後の現場活動につなげていきたい」

岡山市消防局管内では2021年度、水難事故で13人が死亡していて、海や川で遊ぶときは子供から目を離さないなど、注意するよう呼びかけています。

OHKアプリ