OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.03.30

イヌ・ネコを守る”マイクロチップ” 義務化を前に学生動物愛護団体がIDリーダー寄贈【香川・高松市】

2022年6月からイヌやネコのマイクロチップ装着が動物販売業者に義務化されるのを前に、動物愛護団体らがマイクロチップの情報を読み取る装置を高松市などに寄贈しました。

高松市役所を訪れたのは市内の学生動物愛護団体、ワンニャンピースマイルの学生らです。

イヌやネコに装着したマイクロチップの情報を読み取る「IDリーダー」を高松市と直島町に1台ずつ寄贈しました。

2022年6月から「改正動物愛護管理法」が施行され、飼い主がすぐ分かるようにイヌやネコへのマイクロチップの装着が義務化されます。

違法な遺棄や虐待、迷子を減らすことなどが目的で、高松市の大西市長は「動物の命の大切さを尊重し、理解し合う、共生社会の実現を目指していきたい」と話しています。
OHKアプリ