OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2022.03.05

県北にも徐々に春の足音が…“啓蟄”の日に観光名所・衆楽園で「松のこも焼き」行われる【岡山・津山市】

3月5日は二十四節気のひとつ啓蟄、冬ごもりしていた虫が動き出す頃とされています。津山市の観光名所衆楽園では松のこも焼きが行われました。

こも焼きは幹に巻いたコモのなかで冬ごもりしていた虫をコモごと焼く昔ながらの害虫駆除の方法です。

衆楽園では2021年10月から園内80本の松の幹にコモを巻いていて、観光協会の職員が外したコモに火を付けると勢いよく炎と煙が上がりました。

徐々に最高気温が10度を超える日が増え春の足音が感じられるようになった津山市。

衆楽園では今、梅の花がほころび始めていて、こも焼きが終わると園内は春を迎えます。
OHKアプリ