OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.11.02

「腹は固まっている」小川淳也氏 立憲民主党“代表選”立候補に意欲 枝野代表辞任の意向受け【香川】

野党第1党の立憲民主党の枝野代表が11月2日、代表辞任の意向を示したことを受け、香川1区で当選した小川淳也さんが、代表選への立候補に意欲を示しました。

(立憲民主党・小川淳也さん)
「私なりの決意、腹は固まっている。これは1人でできることではないので最低でも(推薦人)20人、賛同者や同士を現実に得られるかどうか、丁寧に作業を積み重ねた上具体的な態度表明をしたい。」

小川さんはこのように述べ立憲民主党の枝野代表の後任を選ぶ代表選への立候補に意欲を示しました。

小川さんは、10月31日に行われた衆議院選挙の香川1区で野党共闘により自民党の批判票を広く集め、初代デジタル大臣の前職、自民党の平井卓也さんに、約2万票の差を付け、2009年以来12年ぶりの小選挙区での勝利を収めました。

枝野代表は11月10日に召集される特別国会の後に辞任する意向で、代表選の日程はまだ決まっていません。

小川さんは2日、香川2区で当選した国民民主党の玉木雄一郎さん、香川3区で当選した自民党の大野敬太郎さんと共に香川県選挙管理委員会から当選証書を受け取りました。