OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.10.22

12月から3回目の接種 予約が取りにくくなる可能性も…早めの接種を呼びかけ【岡山】

若い世代を中心に新型コロナワクチンの接種を進めようと、岡山県の伊原木知事が、22日朝、JR岡山駅前でチラシを配り、積極的な接種を呼びかけました。

JR岡山駅前の広場では、伊原木知事と県と市の職員11人がチラシを配布し、ワクチン接種がまだ済んでいない人に接種を呼びかけました。

岡山県内で2回のワクチン接種を終えた人は、50代以上は70%を超える一方で、20代と30代は約50%、10代は36%となっています。

県内では、12月から3回目のワクチン接種の開始を予定していて、今後、予約が取りにくくなる可能性があるため、接種率が低い若い世代や、まだ一度も接種をしていない人に早めの接種を呼びかけています。

(岡山県 伊原木隆太知事)
「地域全体で接種率を上げることがいかに大事かということが伝わればと参加した県民の命を守ると同時に時短営業等をしなくて済む可能性があるので自身のためにも周りのためにもワクチン接種をお願いしたい。」

岡山県では、10月15日から10月末までを「ワクチン接種ラストスパート期間」として、岡山駅構内の電子看板などを通じて、積極的な接種を呼びかけます。