OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.09.02

中四国初 “エクモ搭載可能”ドクターカー導入 岡山大学病院【岡山・岡山市】

岡山市の岡山大学病院は、新型コロナの重症者の治療などに使われる人工心肺装置、ECMOを搭載できるドクターカーを導入したと発表しました。

中四国では初めての導入です。

車体に描かれた波のような曲線は、素早く移動できることを表現しています。

岡山大学病院が新たに導入したドクターカーです。

一般の救急車よりも車内が広く、ECMOなど高度医療機器を搭載できます。

医師や看護師、臨床工学技士などが乗り込めば、新型コロナの重症者など、重い呼吸不全の患者をECMOを装着したまま搬送することができるようになります。

病院によりますと、こうしたドクターカーは全国に10台あり、中四国では初めての導入で、2022年度からの運用を目指すとしています。