OHK 8Ch

  • LINE友だち追加

2021.07.01

1000人以上対応の会場は県内初 最大1200人対応 丸亀市が大規模接種会場を設置【香川・丸亀市】

丸亀市は7月1日から、1日で最大1200人に対応できる香川県内で初となる大規模接種会場の運用を始めました。

大規模接種会場が設置されたのは、丸亀市の市総合運動公園の多目的広場です。

プレハブで作った2000平方メートルのスペースに5つの接種ブースを設け、ファイザー社製のワクチンを使って、1日最大1200人の市民に接種を行います。

(会場で接種した人)
「これだけスムーズにできたら気持ちいい。」

香川県内で1000人以上に対応できる大規模接種会場の設置は初めてです。

全国的にはモデルナ社製ワクチンの供給不足で、大規模接種や職場接種の見通しが立たない状況も生まれていますが、丸亀市にはこれまでの所国からワクチンに関する連絡はないということです。

(丸亀市 松永恭二市長)
「私たちとしてはファイザー社のワクチンがずっと来ると想定しているが県や国とも情報交換をしながら進めたい。」

市では、この会場を週5日間運営し、11月までには希望する市民の接種を終わらせたいとしています。
OHKアプリ